建築や土木の管理責任者|経理に転職をすればやりがいがきっと見つかる

経理に転職をすればやりがいがきっと見つかる

建築や土木の管理責任者

作業員

現場監督という立場

施工管理とは、建築や土木現場での工程や安全、品質管理などを主に行う仕事を言います。いわゆる現場監督であり、その現場の責任者として指導していく立場の人です。このような立場は資格が求められ、施工管理技士の資格が義務付けられます。施工管理技士はいろいろな種類があり、建築や土木に電気工事など全部で6種類あります。その施工内容によって種類が異なってくるのですが、この資格を取得するには受験資格を満たし、そして資格試験を受けていかなければいけません。建築や土木関連の求人には施工管理技士を募集しているものも多く、その人材への需要が高まっています。そういった求人には経験のある優秀な人材を求める傾向があり、待遇なども含めてスキルアップが望めます。この資格取得のための受験資格は、一定の実務経験が必要となります。そして資格取得のための学習も必要となり、通信教材の利用や講習会などの受講で試験対策に挑むことができます。

求められる人材とは

施工管理技士は性別や年齢に関係なく、経験がある人であれば誰でも目指せます。現に女性が施工管理技士として活躍する状況もあり、責任ある立場として広がりを見せています。しかし、一定の実務経験や仕事をしながらの受験となると試験対策が難しくなることも出てきます。実際には40歳以上の受験者が半数以上を占める割合となっていますが、効率よく学習をすれば資格取得も実現できます。施工管理技士の求人には、その経験が評価されたうえでの募集となるので、仕事上の新たな可能性が期待できます。現場を作業するには必ず施工管理技士が必要となり、ある程度の経験がなければ現場を仕切れません。経験や資格だけでなく、その人材の人間性も判断される場合も高いので、リーダーとしての素質も必要です。現場監督として新たなスキルを求めたい場合は、施工管理技士の求人を広く見ていくのも今後のいい手段となります。